従業員意識調査と同時にストレスチェックの実施までできるエリクシアの「ココロモニター」

お問い合せ
03-5114-7637
平日 10時〜17時

ELIXIA

ストレスチェックが同時に行える!組織分析ツール 「ココロモニター」

ココロ
多くの離職者やメンタル不調者、人事担当者、経営者と接してきた経験豊富なMBA(経営学修士)を持つ産業医や精神科産業医が開発。離職対策をロジカルに組み立てることができるツールです。
組織の課題の特定をし、より高い組織にするための具体的施策までご提案いたします。

ストレスチェックの実施は「事業者の義務」です

  • 法的要件
    労働者数50人以上の事業場は義務化(50人未満は努力義務)
    1年に1度以上実施する必要があります。
  • 面談指導
    実施義務
    高ストレス者として面接指導が必要と評価された労働者から申し出があったときは、医師による面接指導を行うことが事業者の義務となります。労働者には面談を受ける義務はありません。
  • 集団分析
    努力義務
    一定規模の集団(部、課など)毎のストレス状況を分析し、その結果を踏まえて職場環境を改善することが努力義務となります。メンタル不調者への対応も必要になります。
  • 報告義務
    労働基準監督署への報告が義務付けられています。
  • ストレスチェックの結果は実施者から直接本人に通知し、本人の同意がない限り事業者への提供は不可となります。
  • 面接指導の申し出を理由として、労働者に不利益な取り扱いを行うことは法律上禁止されています。
  • ストレスチェックを受けないこと、事業者へのストレスチェックの結果の提供に同意しないこと、高ストレス者として面接指導が必要と評価されたにも関わらず面接指導を申し出ないことを理由とした不利益な取り扱いや、面接指導の結果を理由とした解雇、雇止め、退職勧奨、不当な配転・職位変更等も行ってはいけません。
    ※ストレスチェック制度の詳細は、厚生労働省Webサイトをご確認ください。

「ココロモニター」が選ばれる理由

01 コストパフォーマンスなら「ココロモニター」

ストレスチェック
単独実施
ストレスチェックと
従業員意識調査を
別々実施
ココロモニター ココロ
離職防止の効果 ほぼ無い ストレスチェックは意味なく従業員意識調査の効果のみ。
メンタルヘルスへのアプローチが難しく、不調者発生からの組織内離職への対応ができない
離職のリスク要因の大部分を網羅しており、改善施策も有しているため、とても効果的
1人あたりの費用 500~2,000円 5,000円以上 Web         :2,500円
Analog(紙):3,000円
英語対応可
この金額でストレスチェックと意識調査の2つが出来ます
人事の手間 それなりにかかる ストレスチェックの
2倍以上かかる
(2回行うため)
ストレスチェックと同じ
ストレスチェックと意識調査が
一度に出来るから手間がかからず
『楽』
従業員の手間 それなりにかかる ストレスチェックの
2倍以上かかる
(2回行うため)
ストレスチェックと同じ
その他 離職などの問題への
解決にはほぼ無力
ただ「やった」という
メンタルヘルスと離職、従業員満足度を別々に取り扱うため、施策がちぐはぐで効果的にアプローチできない 組織の中のココロを一括で見るため、その後の離職対策もシンプルに可能となる。

02 高スペック ストレスチェックなら「ココロモニター」

一般的なストレスチェック
ココロモニター ココロ
離職防止の効果 ほぼ無い メンタルヘルス+組織のココロ分析を行うことで確実に分析⁺アプローチができる
1人あたりの費用 500~2,000円 Web          :英語対応可 2,500円
Analog(紙) :英語対応可 3,000円 
実施者 安いチェックの場合には実施者にならないため、コストが追加でかかる場合がある エリクシアが実施者になるため余計なコストはかからない
チェックのフォーカス ネガティブ要因にフォーカスしがちで、余計な不安をあおりやすい。 個人に対しては自身のストレス傾向に基づくセルフケアの方法の提案を、
組織に対しては組織内のココロの流れを見える化し、離職の起こりづらい職場環境の実現の支援をしている。
集団分析 追加料金が発生する場合もあり 無料 英語対応可
面談・不調者対応 メンタルの専門家が作っている場合には対応できる場合もあるが、たいていは不調者対応はできない。 産業医としての実績をたくさん有しており、面談や不調者対応指南も可能。
(産業医契約をしている企業のみ対象)
情報保持費用 追加料金が発生する場合もあり 無料・5年間保存
労基署への
報告書作成サポート
追加料金が発生する場合もあり 無料/産業医契約をしている企業対象

03 人事戦略につなげるなら「ココロモニター」

人事戦略 内容 インパクト 期待できる効果
人事戦略 期待できる効果
採用 従業員意識調査を毎年実施することで、職場環境改善を積極的に行っていることが言える 企業ブランディング
求職者へのアピール
求職者の数が増える
採用時に、ストレス耐性やミスマッチへの配慮の必要度がわかる 採用面接の基準明確化 トラブルとなる従業員が減る
(早期離職や勤怠不良など)
労務 離職リスクが高めの部署がわかる 早めの状況把握につながる 突然の離職の防止
ハラスメントの可能性のある部署がわかる ハラスメントの状況把握 ハラスメントトラブルの防止
部署や職位ごとに、どのような種類のストレスを受けているのかがわかる 業務フローや人員の見直し 従業員満足度の改善
離職の防止
業務効率化
評価 人事考課や職位についての不満度合の
把握ができる
評価方法の見直し 優秀な人材の離職予防
部署のマネジメント状況が把握できる 管理職教育の検討 管理職のレベルアップ
教育 教育戦略と現場意見のギャップをチェック 教育戦略の見直し 無駄や不足が減る
課題を特定したうえで教育内容を決める ピンポイントでの教育 効率的な教育が可能
1年に1度の定点観測が可能となる 施策の効果測定 教育戦略の最適化

「ココロモニター」導入をおすすめする企業

  • 従業員の離職で苦しんでいる企業様
  • 優秀な人材の離職を防ぎたいと考えている企業様
  • ストレスチェックで無駄なコストを出したくない企業様
  • 問題数  :99問/5択式
  • 実施時間 :10分程度
  • 実施形式 :web(紙での実施も可能)

企業分析サマリー

  • 従業員がどのように感じているかが見える化されます。
  • 従業員へのアンケート調査を通じて「仕事」、「サポート」、「組織」などに関する「現状」を客観的に見える化し、「問題の所在」を明らかにします。
分析結果サマリー

企業分析詳細

  • 離職やメンタル不調のリスク因子がどこに潜んでいるのか、組織の現状や要因がひと目でわかります。
  • 前年度との比較をすることができます。数値でわかりやすく確認することができます。
ココロデータ 詳細分析

企業分析詳細

  • 組織の強み、課題を明確に把握し、組織の成長につなげる情報をご提供します。
ココロデータ 詳細分析
お問い合わせ・資料請求はこちら
03-5114-7637
平日 10時〜17時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGE TOP