ELIXIA

嘱託産業医・総括産業医(プラスワン導入)

嘱託産業医 新規・転換導入

産業医を変えたい・新たに選任したい企業
所属の従業員数が1000人未満の事業所へ「嘱託産業医」サービスを提供いたします。
産業医チーム制やコンサルティング機能、リスクマネジメント力など他では持ちえない特別な機能で、貴社をしっかりと支援いたします
エリクシアでは企業の現状で足りていないものをどうやって補っていくのかをロジカルアプローチで明確にして、より良い職場環境の実現をサポートいたします。
こんな思いはありませんか?
  • 「メンタル不調者への対応」フローを明確にしたい
    実際に社内で健康・メンタル系のトラブルが発生した企業や、知っている会社が健康・メンタル系トラブルで大変なことになって危機感を持っている企業にお薦めです。

    現在企業が抱えるリスクはたくさんありますが、従業員に関係するところではメンタル不調者が発生することによるリスクがとても大きくなっています。

    メンタル不調者が発生することで背負うリスクは主に以下の3点です。
    1)戦力ダウンによる生産性低下
    2)残されたヒトにしわ寄せが来ることで起こる職場環境の悪化によるモチベーション低下および生産性低下
    3)労務裁判リスク

    大企業に比べて中小企業はこれらのリスクに対する耐性は低く、一度起こってしまうと企業経営の危機につながることも。
    とくに、休職復職判断に関するプロセスにおいて多くの企業がトラブルや悩みを抱えています。
    エリクシアではリスクマネジメントを常に念頭に置き、不調者発生時マニュアルや復職プロセス構築を強力に支援し、企業が「負う必要のないリスク」を排除するための支援をします。
  • 今の産業医のサービスについて漠然とした不満および危機感を持っている
  • 従業員をもっと大切にすることを一つの企業戦略にしたい
    せっかく育てた従業員が休職や退職した時に無駄となった「コスト」が大きい。
    その従業員を補うために新たな従業員を育てるために費やす「コスト」もばかにならない。
メンタルヘルス対応に悩みを抱える企業
メンタルヘルスに悩みを抱える企業に対し、産業医とコンサルティング機能で「不調者対応」と「企業体制整備」の両面をカバーします。
エリクシアでは
「メンタル不調者への対応」において不調者の状況を把握するだけでなく、会社としてどのような対応をすべきかを具体的に提示します。
産業医がいない企業ではもちろんのこと、すでに産業医がいる企業でも、その産業医の専門によってはメンタル系、特に休職・復職判断が不得意だということで、十分な対応ができていない事はよくあります。企業にとってはこの休職復職判断は様々なリスクを抱えるとても大切な判断となります。

「企業体制の整備」では、リスクマネジメントを念頭に置いたコンサルティング機能を用い、不調者対応の基本となるマニュアル作りや休職復職プロセスの構築、復職プログラムのひな型作りなど会社としての対応整備から、不調者の早期発見や予防にどのように取り組んでいくのかを順序立ててご説明していきます。
こんな思いはありませんか?
  • メンタル不調を中心にリスクを軽減したい
    メンタル不調者が出ると人事総務部があわてて対応をせざるを得ない
    不調者の攻撃性が強くなる一方で、人事総務担当者はどう対応していいのかわからない
    不調者の状態に合わせて対応を決めたいのに、産業医がメンタルを診ることができないため会社としての動きが決められない
    休職の判断をどのようにしたらいいかわからない
    主治医から復職可能だとする診断書が出てきたが、復職判断をどうすればいいかわからない
  • 「企業体制の整備」を効率的にやりたい
    不調者が発生した時の対応マニュアルを作りたいがどうやったらいいかわからない
    復職プロセスの設定をどのように行ったらいいかわからない
    不調者を早めに発見したいためお金を随分と使ったが効果が上がってこない
    効果が出るように研修をどのように構成しようか迷っている
    不調者の発生そのものを予防したい
従業員ケア体制を整備したい企業
企業体制の整備にはリスクマネジメントや経営的な側面と医療的な側面の両方が必要です。
安全配慮義務について企業が求められることはどんどん増えてきています。それに伴い、今まで従業員ケアを整備してこなかった企業は、とても大きなリスクを背負っている状態です。
従業員ケアの3本柱である「健康管理」「過重労働管理」「メンタルヘルス」について、不調者が発生したりトラブルが起こった後での対応では十分リスクを減らしているとは言えず、経営上のリスクともなりえます。

エリクシアの最大の特徴は「企業体制の整備」をするためのコンサルティング機能と「実際の対応」を健康とメンタル両面で行うためのツールが備わっている事です。

また企業体制の整備で重要な役割を果たす安全衛生委員会の最適化も行いますので、企業体制の整備が終わった後の従業員への衆知についてもしっかりとサポートします。
※本社以外の複数の地方事業所でそれぞれ産業医を雇うため、一貫した従業員ケアの構築ができていない際には統括産業医サービスにて全社的戦略を構築することもできます。

産業医業務は別の産業医がいる、というケースではメンタルヘルスの部分の企業体制の整備を行うメンタルヘルスコンサルティングサービスにて企業体制の整備を行っていきます。
こんな思いはありませんか?
  • どのようにして健康管理・過重労働管理・メンタルヘルスの従業員3本柱に取り組んだらいいのかわからない

統括産業医サポート プラスワン導入

全社的な従業員ケア体制を戦略的に構築したい企業
エリクシアでは「総括産業医サービス」で会社全体の従業員ケアの構築を行います。
また、現行産業医の専門外という事で対応できていないメンタル面や健康管理面のフォローを行い、産業医と人事・総務部の間にある精神的・知識的なギャップを埋めて、円滑な産業衛生戦略の策定を実施するための下地作りを行うとともに、既存の産業医をどうやって活かしていくのかについて企業の戦略と一致させた形で提案をいたします。
こんな思いはありませんか?
  • 「産業医とうまくコミュニケーションが取れない」
    産業医側と人事・総務部側で共通言語が少ないために意志疎通が図れていない
    企業側のニーズと産業医の提案がマッチングしない
  • 専門性に偏りがあり、「トータルケア」ができていない
外国語対応が必要な企業
英語しか話せない従業員はいませんか?
外資系企業のため、日本文化とは違う企業文化が御社では展開されていませんか?
エリクシアには海外留学経験や病院での臨床経験のある産業医がいるため、英語での対応が可能なだけではなく日本と海外の文化の違いからくるメンタル不調にも十分対応ができます。
こんな思いはありませんか?
  • 英語しか話せない従業員とうまくコミュニケーションが取れていない
嘱託産業医・総括産業医(プラスワン導入)
産業医チームは東京、神奈川などの首都圏を中心に活動していますが、名古屋や大阪での活動も一部行っております。また今後サービス地域の拡大も予定しております。

弊社サービスの提供を受けられるかどうか、という点でお悩みの会社様は一度お問い合わせください。
弊社担当が早期にお応えいたします。
お問い合わせ・資料請求はこちら
03-5114-7637
平日 10時〜17時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちら
PAGE TOP