1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入をお勧めする企業
  3. メンタルヘルス対応に悩みを抱える企業
メンタルヘルス対応に悩みを抱える企業
メンタルヘルスに関して悩みを抱えている企業はとても多いです。

悩みの種類としては…

<対応面>
・メンタル不調者が出ると人事総務部があわてて対応をせざるを得ない

・不調者の攻撃性が強くなる一方で、人事総務担当者はどう対応していいのかわからない

・不調者の状態に合わせて対応を決めたいのに、産業医がメンタルを診ることができないため会社としての動きが決められない

・休職の判断をどのようにしたらいいかわからない

・主治医から復職可能だとする診断書が出てきたが、復職判断をどうすればいいかわからない


<企業体制面>
・不調者が発生した時の対応マニュアルを作りたいがどうやったらいいかわからない

・復職プロセスの設定をどのように行ったらいいかわからない

・不調者を早めに発見したいためお金を随分と使ったが効果が上がってこない

・効果が出るように研修をどのように構成しようか迷っている

・不調者の発生そのものを予防したい
エリクシアではメンタルヘルスに関して2つの事項「メンタル不調者への対応」と「企業体制の整備」の両面をしっかりとカバーします。

「メンタル不調者への対応」ではその不調者の状況を把握するだけでなく会社としてどのような対応をすべきかを具体的に提示します。

産業医がいない企業ではもちろんのこと、すでに産業医がいる企業でも、その産業医の専門によってはメンタル系、特に休職・復職判断が不得意だということで、十分な対応ができていない事はよくあります。企業にとってはこの休職復職判断は様々なリスクを抱えるとても大切な判断となりますので、メンタル不調の取り扱いが苦手な産業医の判断が反映されるという事は避けたいところです。

「企業体制の整備」では、リスクマネジメントを念頭に置いたコンサルティング機能を用い、不調者対応の基本となるマニュアル作りや休職復職プロセスの構築、復職プログラムのひな型作りなど会社としての対応整備から、不調者の早期発見や予防にどのように取り組んでいくのかを順序立ててご説明していきます。
<お薦めするサービス>

健康管理や過重労働と合わせて産業医活動の一環としてのメンタルヘルスを期待されるのであれば嘱託産業医サービスで全てカバーいたします。すでに、交代させることのできない産業医がいて、「メンタルに関する業務のみをサポートしてほしい」というニーズに対しても問題なくカバーいたします。

産業医業務は必要とせず、企業としてメンタルヘルスへの取り組みを強くするための体制づくりをしたいという企業にはメンタルヘルスコンサルティングサービスを。MBAに裏打ちされたロジカルシンキングや提案力、産業医業務で培ってきた職場環境整備力、そしてメンタルケア力を最大限に生かし、企業が一貫したメンタルヘルスケア戦略を作成、実行していくのをサポートしていきます。


エリクシアの具体的な取り組みを知りたい!という方はぜひ過去事例集のページをご覧ください。



お問い合わせはお気軽に
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入をお勧めする企業
  3. メンタルヘルス対応に悩みを抱える企業