1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 従業員ケア3本柱
  3. メンタルヘルス
メンタルヘルス
従業員ケア3本柱のうち注目されているメンタルヘルス。

エリクシアでは企業がメンタルヘルス対策を戦略的に行うことができるようにするため、データに頼らない形でメンタルヘルスの見える化を行い、「個人」「部署」「会社」の3つのレベルそれぞれがどのような順番で何を行っていくべきかを、企業担当部署と一緒になって具体的に提示していきます。
メンタルヘルス戦略フロー


4つのエッセンスでの取り組みは下記の表の通りとなり、どこに力点を置くのかは貴社の状態やご要望によって異なってきます。

メンタルヘルスコンサルティングサービス表

各サービスのページでどのエッセンスを重要視することが多いのかをご紹介してますのでご参照ください。

サービス内容のページ
<企業体制の整備>

通常まずはじめに取り掛かるのが不調者発生時対応の整備。
その一端をご紹介します。

流れとしては3本柱共通で以下の通りとなります。

整備フロー


1.メンタル不調者対応強化
メンタル不調者への対応力を劇的に向上させます。主に産業医サービスでカバーします。

<整備>
不調者発生時の対応や復職判定の流れを速やかに作成。
必要な書類の作成も完全にカバーされます。

<面談>
面談能力が結果に大きく影響する。
リスクマネジメントと『ココロ』への心理的アプローチを組み合わせて対応する。
ストレスチェックなどで見つかった不調者の情報もスムーズに面談に生かされる。
面談後のフィードバックにて具体的な対応方法のアドバイスを行う。

どんな状態になるか

不調者が発生しても問題なく対応ができる様になる。
取扱いの難しいケースへの対応について、具体的なアドバイスを得られる。
休職者へのフォローや復職判定が明確になり、人事担当者の悩みが大幅に減る。
面談だけで心身の状態が劇的に改善する従業員も出てくる。
悩み相談をしたい、という従業員が増える。


2.不調者早期発見
複数のルートからメンタル不調者を早期発見するための仕掛けを作る。

<主な3ルート>
・産業医面談
・管理職を巻き込んだラインケアの促進
・ストレスチェックなどのセルフチェック

<産業医サービス、ココロモニター、研修などをリンクづけ>
個別に行うと効果が大きく下がるため、一貫性を持ったアプローチを行う。
状況を把握した上で、必要なツールの導入やそれに連動した研修を実施する。

どんな状態になるか

不調者の早期発見を人事だけでなく現場や産業医を巻き込んで確実に実施できる。
休職に到る前に現場や人事が不調者を見つけて手当ができるため、休職による大幅な戦力ダウンを予防できる。
管理職を中心にメンタルヘルスへの理解が深まり、社内で共通の意識を持って現場対応ができる様になる。


3.不調者発生予防
課題発見及び解決のサイクルを回していく。

<経営コンサルティングのスキルを導入し課題発見>
産業医サービスやココロモニターで状況を把握。
産業医面談や過去の早期発見の際の状況、ストレスチェックから不調者発生の傾向を分析するため、現状に即した分析を行う事が可能となる。
 
<具体的なアプローチをピンポイントで行う>
管理職のコミュニケーション、従業員のマインドセット、ハラスメントなど、企業が抱える問題は様々なため、不調を引き起こしている原因を特定し、それを除去するための方法を、ピンポイントの研修やカウンセリングなどのツール導入を含めて検討する。

どんな状態になるか

ストレスチェックだけでなく産業医面談などで得られた生データを反映させることで、より現実に即した状況把握が可能となる。
貴社の抱える課題に対してピンポイントで対策を企画、実施できる。
対策の効果をストレスチェック等で定期的に確認することができる。




とくに企業が悩みを抱えることが多い「休職復職のプロセス」では基本となる考え方や判断基準、そして会社として準備が必要となる道具の整備を明確に支援します。その過程で貴社独自の休職復職対応マニュアルが出来上がります。


休職復職フロー

従業員が診断書を持ってきたらどのような流れで処理するか。
勤怠が急激に悪化した従業員にどのような働きかけをしていくのか。
本人がメンタルクリニック受診を拒む場合はどうしたらいいか。
まだ復職には早いと思われる状態で主治医から復職可能だとする診断書が出た時の対処はどうすればいいか。

それらの悩みもすぐに解決します。

また企業内部で行えることと外部を使うべきところのアドバイスも行いますので、最近急激に数を増やしているメンタルヘルス関連企業のサービスの中でも企業が必要なものだけをプロの目から選定し、提供もしくは関連企業をご紹介できます。
メンタルヘルスについて「不調者への対応」と「企業体制の整備」という、貴社にとって難しい2つの事案について、多くの経験を持つMBA産業医や精神科産業医のチームにより、明確な答えをご提供できます。

人事総務担当者にとって「安心」と「信頼」を感じることができるメンタルヘルス対策がエリクシアにはあります。


エリクシアの具体的な取り組みを知りたい!という方はぜひ過去事例集のページをご覧ください。
メンタルヘルスの関連ページ
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 従業員ケア3本柱
  3. メンタルヘルス