1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 従業員ケア3本柱
  3. 健康管理
健康管理
エリクシアが重要視する従業員ケア3本柱の1つである健康管理。
健康診断の企画からその後のフォローや就労制限に至るまでの一連の流れを構築することがとても大切です。

企業のメンタルヘルスへの注目が上がり精神科産業医やEAPへのニーズが高まる一方、最初に整備しなければならないはずの健康管理がしっかりとした形で行われていない中小企業が増えています。
健康管理をやっていない状態は、メンタルヘルスを放置する以上に企業にとって安全配慮義務違反のリスクを多く背負っていること、ご存知ですか?


従業員のメンタル状況を把握することは難しい事が多いです。その一方、健康状況については健康診断の結果で数値として出て来て問題のある項目は「異常値」として従業員個人および雇用主である企業に通知されます。つまり、異常値を指摘されている従業員が「働くことができる健康状態かどうか」を判断できてしまうのが健康診断です。

「異常値のある従業員に対して企業として何も対策を練られていない」
これは明確な形で証明されてしまう安全配慮義務です。

そして何よりも、大切な従業員を病気によって失ってしまうことはとてもつらいことです。


健康管理はメンタルヘルスのように対応が難しいものではなく、企業としてのワークフローを構築すればその後の実施は比較的スムーズに行うことが可能です。
健康管理フロー


健康管理をどのように行っているのか、今までやりっぱなしになっていた健康診断、何となく放置していた健康診断の結果をもっと有用に扱うためのワークフローを作るだけでなく保健指導をはじめとする実際の対応まで、エリクシアならカバーします。

その他、4つのエッセンスを用いて貴社が手にすることができる価値は以下の通りです(一例です)。

健康管理サービス表

今まで思っていた以上の価値を感じていただけます。

エリクシアの具体的な取り組みを知りたい!という方はぜひ過去事例集のページをご覧ください。

健康管理の関連ページ
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 従業員ケア3本柱
  3. 健康管理