1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. オプショナルサービス
  3. 時間外労働削減プロジェクト
時間外労働削減プロジェクト
中小企業を中心に授業員の慢性的な過重労働が問題となっています。
労働時間を削減するためには個人へ「効率よく仕事をするように」という指示では効果は出さず、部署および会社全体としての取り組みが必要となりますが、その流れを作ることはとても難しいことです。

エリクシアでは労働時間削減という難題について経営陣も巻き込みつつ取り組み、実際に多くの会社で成果を出しています。労務面でも経営上のコスト面からも取り組みが必要でありながらなかなか手を付けられない難題への貴社の解を導き出す支援をいたします。


<目的>
時間外労働を状況やニーズに合わせて管理を積極的に行う
定時・36協定という2ラインにもう一つ現実的なラインを入れた3ラインの設定
現場・管理職・経営陣を巻き込んだ様々な仕掛けをつかい、具体的な策の構築を支援

<概要>
1.労働時間やそれに関連した従業員の心身の健康状態・経営上のコスト計算を支援
2.現在どのくらいのコストやリスクがあり、今後取り組まないときの危険性を経営陣と共有をするためのプレゼン
3.経営陣を巻き込みつつプロジェクトチーム立ち上げ 
(エリクシアのコンサルタントはファシリテーターとして参加することが多い。会社主体で行わないと「従業員」を動かせない)
4.現状把握→課題特定→解決法策定→解決法実施→効果測定および改善

<特徴>
他社や法の面で自社がどのくらい危ない橋を渡っているかを経営陣に知らせることができる
自社内で行うと社内抵抗にあいやすい内容を会社として取り組むチャンスを得ることができる
経営陣・管理職・現場の意見を集約することで解決策を模索するので社内のコミュニケーション不全の改善にもつながる



(産業医サービスの一環での業務ですので、当該プロジェクト単独でのご依頼はお受けしておりません)
時間外労働削減プロジェクトの関連ページ
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. オプショナルサービス
  3. 時間外労働削減プロジェクト