1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. オプショナルサービス
  3. カウンセリングブース
カウンセリングブース
ただ単に受け皿的に行うカウンセリングや電話相談では従業員の悩みは解決しません。また会社としての対応も行うことはできません。
積極的にメンタル不調を早期に発見することやその予防を行うためには、受け皿サービスからの脱却が求められます。その答えとしてエリクシアが提案するのがカウンセリングブースです。


<目的>
メンタルチェックを行い不調者早期発見を行うためのアンテナとして
今後義務化される可能性のあるメンタルチェックにも柔軟に対応します
悩みのある従業員のガス抜きの場として
部下の扱いに悩む管理職の相談相手として

<概要>
1.企業としてのメンタルヘルス対策の大枠を設定
2.産業医業務、カウンセリングブースでの業務、衛生委員会及び人事総務部との関係性を定義
3.カウンセリングブースの役割を設定、業務の流れを設定
4.使用するメンタルチェックやスクリーニング法、スケジューリング方法の設定
5.実施
  ・臨床心理士を中心としたカウンセラーが貴社に定期的にお伺いし、相談室を設置
  ・月一度○時間
6.産業医および人事総務との情報共有(守秘義務は順守)
7.現在の課題発見に生かす

<特徴>
社内では言いづらいことを話しやすく、従業員の不調を早く見抜けるだけでなく部署で起こっている問題についても把握しやすい
研修後のフォローや従業員の不満のガス抜きに使える


(産業医とのセットで企業への価値を出していくサービスですので、当該プロジェクト単独でのご依頼はお受けしておりません)
カウンセリングブースの関連ページ
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. オプショナルサービス
  3. カウンセリングブース