1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 1.会社の業態や文化、要望を理解
1.会社の業態や文化、要望を理解
<概要>

産業医業務を行う際の最初のステップ。

会社の業態や文化の理解はもちろんのこと、業務による様々な制約や社内における人事の位置取りの把握など、業務の初期段階で可能な限り会社の状況の理解に努め、それ以降の業務でその理解に修正をかけていきます。
<他の産業医で起こりがちな事項>

・一般的な会社に対する知識や理解が無い
病院以外の組織をちゃんと知らないのですべての会社で同じような業務を行ってしまう
会社や組織内力学の理解のための知識や経験が無い

・病院以外の事に興味が無い
自分には関係ないことだからと興味を示さない事すらある
実態を理解せずに非現実的な提案を繰り返す

・人事担当だけでなく一般従業員からも「産業医は何もわかってない」と思われてしまう



<エリクシアの特徴>

・会社を理解する事への意欲がある
会社の業態や文化を理解することは産業医にとって重要だという事をしっかりと認識
業務の流れを理解するだけでなく、社内稟議のプロセスや文化、社内における人事の持つ力などの把握を行います


・理解するためのスキルがある
医療や産業衛生の知識だけでなく、経営学や心理学を組み合わせての取り組みです
経営的な観点から業務のプロセスやマネジメントスタイルを、心理学的な観点から従業員や経営陣の行動傾向を、それぞれ把握するよう努めます

・経験が多い
既に多種多様な業態の企業での業務を経験しており、大枠の理解は速やかに進みます
<得られる価値>

・企業としての要望を理解した上で産業医が業務に取り組む

・会社やその業務についてしっかりと理解したうえでの具体的なアドバイスをもらえる
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 1.会社の業態や文化、要望を理解