1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 6.中期的メンタルヘルス対策を作成
6.中期的メンタルヘルス対策を作成
<概要>

メンタル不調者の発生に悩む一方で、メンタルヘルスにどのように取り組んだらいいのかわからない企業は多いです。

会社として取り組むべき順番を明確にし、それぞれのフェーズでやるべきことを明確化することが必要です。

必要最低限のコストで、不調者対応や研修などの教育に一貫線を持たせた実効性のある従業員ケアが出来上がります。
<他の産業医で起こりがちな事項>

・必要なスキルや知識が無い
メンタル不調者の面談はできても、会社としての取り組みを考えるには経営スキルが必要となる。
それも付け焼刃的な知識では具体的な取り組みの設定まではできず、具体的な提案を望むのはほぼ不可能。

・整備をすることは自分の仕事ではないと思っている。
そもそも会社におけるメンタルヘルスの対策は産業医の仕事ではないと思っている。
会社が独自に取り組み産業医はただ面談をすればいいと思っている。



<エリクシアの特徴>

・明確な戦略と知識を持って取り組む。
メンタルヘルスに対して順序を明確に。
それぞれのフェーズでの取り組みを状況に合わせて提案。

・大きな幹となる戦略だけでなく枝葉となるサービスも提供。
様々な施策をバラバラに乱れうちしても効果が得られない事を理解。
会社としての従業員ケアと教育(ラインケア研修やリーダーシップ研修など)と完全にリンク。
実効性が高く、運用のしやすい施策やそれに合わせた教育を具体的に提案。
<得られる価値>

・明確な方向性を持って、会社としての対応をピンポイントに行うことができる。

・具体的、かつ費用対効果の高いメンタルヘルス対策が可能となる。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 6.中期的メンタルヘルス対策を作成