1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 2.実践的な従業員ケア体制の整備
2.実践的な従業員ケア体制の整備
<概要>

初期の段階で把握した企業状況に合わせて具体的に従業員ケアの体制作りに取り掛かります。

厚労省などで示されている基本形を押さえつつ「実践的で運用しやすい」事を重要視して構築していきます。
<他の産業医で起こりがちな事項>

・整備しようという意欲が無い
体制整備は会社側が責任を持ってやってくださいというスタンス
何か質問をしても「わからない」と言われてしまう

・基本的知識が無い
そもそも厚労省がどのような提言を行っているのかすら把握していないことが多く
整備への関与に消極的、というよりも、そもそもの知識やスキルの欠如から関わることができないことが大多数



<エリクシアの特徴>


・整備の基本形をすでに用意
従業員ケアをゼロから作り上げるのは大変。
エリクシアでは整備のベースとなる資料を提供します。

・会社の状況に合わせたアレンジポイントを明示
企業の業態や状況、文化に応じてアレンジすべき点を明示。
人事担当の方は検討すべき点がクリアになり、整備のプロセスをしっかりと把握することができます。

・質問への対応も万全
メールや電話でのご相談にも速やかに応じますので、整備過程でわからないことも気軽に聞く事が出来ます。
<得られる価値>

・健康管理
健康診断の受けっぱなし状態から脱却し、異常とされる結果が出た従業員に対しての具体的な対応が可能になる。

・過重労働管理
労働時間の把握が精いっぱいだった過重労働管理を改善。
過労の従業員の心身の健康チェックをするための流れを確実に作る事で会社としてのリスク管理が可能に。

・メンタルヘルス
会社としてのメンタルヘルス対策が明確に出来上がる
-メンタルヘルス対策を効果のある形で構築するのは大変な作業
-エリクシアでは「対応強化」「不調者早期発見促進」「予防」のすべてのフェーズに対して
-具体的な対応策をピンポイントでかつ会社に併せてカスタマイズして提供します。
必要最低限のコストで、不調者対応や研修などの教育に一貫性を持たせた実効性のある従業員ケアが出来上がります。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
  3. 2.実践的な従業員ケア体制の整備