1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります
産業医業務を行う際の最初のステップ。

会社の業態や文化の理解はもちろんのこと、業務による様々な制約や社内における人事の位置取りの把握など、業務の初期段階で可能な限り会社の状況の理解に努め、それ以降の業務でその理解に修正をかけていきます。
把握した企業状況に合わせて具体的に従業員ケアの体制作りに取り掛かります。

厚労省などで示されている基本形を押さえつつ「実践的で運用しやすい」事を重要視して構築していきます。
健康管理、過重労働管理、メンタルヘルスに関連して、従業員と産業医の間で面談を実施します。

面談では従業員の状態確認だけでなく心理的なサポートも行うことで「いて良かった」と思われるような相談相手になります。

人事担当者には面談の結果を分かり易く解説し、意見書や場合によっては図式化し、会社としての具体的対策の提案まで行います。
従業員ケア体制の整備により、ある程度の緊急事案への対応は社内でできる様にします。

急な不調者発生への対応についても、必要に応じて臨時訪問での対応はもちろんのこと、取り急ぎの対応を速やかなメール対応で具体的に提案します。

返事が来なくてヤキモキすることはありません。
会社としての対応をどうするか、苦慮するケースはよく起こります。

本人だけでなく、会社、部署、同僚、顧客など様々なステークホルダーへの配慮が必要になります。

会社として抱えるリスクの軽減を考えつつ、本人が抱える不安や不満への回答などを上手に行っていく必要があります。
メンタル不調者の発生に悩む一方で、メンタルヘルスにどのように取り組んだらいいのかわからない企業は多いです。

会社として取り組むべき順番を明確にし、それぞれのフェーズでやるべきことを明確化することが必要です。

必要最低限のコストで、不調者対応や研修などの教育に一貫線を持たせた実効性のある従業員ケアが出来上がります。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 導入後こうなります