1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. 衛生委員会の最適化
衛生委員会の最適化
従業員数が50人を超えると設置が義務付けられる安全衛生委員会。

毎月の安全衛生委員会の議題や構成を考えることに、人事総務担当者は大きなストレスを抱えているとよく聞きます。毎月特に話すこともないため、報告だけして終ってしまう事もよくあるようです。

安全衛生委員会は従業員の心身の健康管理を構築するうえでの意思決定者が参加することが多く、人事・総務部にとって大切な時間です。しかし残念なことに安全衛生委員会を単なる「報告会議」にしてしまったり書類上だけのものにしてしまったりする企業が多いです。

エリクシアでは従業員の3本柱である「健康管理」「過重労働管理」「メンタルヘルス」それぞれについての現状及び今後の流れについて、会議参加者にわかりやすい形で提示し、会議内で意思決定をできるような提案を行うことが可能です。

稟議を一つ一つ上げていくよりも意思決定者を交えた形でプロの意見を反映させることができるのは人事・総務部に限らず企業全体にとってとても貴重な機会となります。

安全衛生委員会をどのように運営していったらいいのかわからない。
安全衛生委員会の議事内容の構築に困っている。
従業員の健康やメンタルに関する施策の稟議を上げていくのに苦労している。
経営陣に従業員の健康・メンタルに関する状況を説明できずに苦労している。

そんなお悩みがある人事・総務担当者の方、ぜひご連絡ください。
エリクシアの産業医サービスやコンサルティングサービスでは安全衛生委員会の質を飛躍的に向上させ、貴社の従業員ケアをより良いものへと変化させることをお約束します。

エリクシアの具体的な取り組みを知りたい!という方はぜひ過去事例集のページをご覧ください。



お問い合わせはお気軽に

エリクシア産業医サービスまとめページ
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. 衛生委員会の最適化