1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. 特別な教育を受けた産業医
特別な教育を受けた産業医
産業医業務が貴社にとって実りあるものになるかどうかは、産業医個人のスキルや経験だけでなく人柄や仕事への熱意も大きく影響します。そんな大切な部分だからこそ産業医の人選には慎重になるところ。その結果としてエリクシアが出した答えは…

「派遣や登録だけの産業医は使いません」

エリクシアでは人事総務部とチームを組んで当事者意識を持ち、会社にとって一番いい方法は何かを一緒になって考えていくというスタンスをとっています。そのため、会社やその従業員のために何ができるだろうと考え進んで業務を行っていく「熱意」と、気軽に相談できる「相談しやすさ」も産業医に求められます。

やる気のない産業医では頼りない。
「先生姿勢」のえらそうな産業医ではいろんなことを相談しにくい。

そんな悩みはエリクシアの産業医では発生しません。

エリクシアでは産業医としてのスキルが低い産業医に業務を任せることはありません。
エリクシアに参加するために、産業医としての適性や熱意といった基準を設定し、それを満たす産業医のみがエリクシアの産業医として活動しています。さらに数か月単位で社内及び実地での教育を行ったエリクシアに所属する産業医のみが業務を担当します。
顧客からのフィードバックに基づいた指導や社内の産業医が集まった勉強会などを定期的に行い、継続的に教育を行っています。


「上司との関係に悩んでいるがどうしたらいいか?」
「取扱いの難しい部下をどう指導したらいいか?」
「体調が悪いが、まずは何をすればいいか?」


すぐに病院を薦める産業医が多いですが、病院で解決しない問題が実際には多くあります。
それらの問題に正面から取り組み、心理的なアプローチを使いつつ、一緒に問題解決を図っていきます。

産業医という同じ立場から見て「この人は顧客企業やその従業員のためにしっかり働いてくれる」と自信を持って選んだ産業医たちが貴社の従業員ケアのお手伝いをします。

「派遣の産業医を使わない」という安心感をぜひ味わってください。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. 特別な教育を受けた産業医