1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. メンタルヘルスを完全網羅
メンタルヘルスを完全網羅
従業員の『ココロ』に関する問題は様々なありますが、多くの会社が抱える課題の一部としては下記のようなものが挙げられるでしょう。

・産業医による不調者の面談
・休職や復職に関する対応
・会社としての対応マニュアルの作成
・不調者の早期発見仕掛け作り
・予防に向けた会社としての取り組み案の作成
・採用時のストレス耐性チェック
・モチベーションマネジメント
・離職率を下げたい
・管理職の教育
・職場のコミュニケーション改善
・女性の働きやすい職場実現 など
・ストレスチェックの実施とその後のフォロー

それらすべての解決支援ができるというのがエリクシアの最大の特徴です。

企業のメンタルヘルス対策は、いわゆる精神科的な知識では到底解決はできず、会社文化の理解や組織心理などの心理学、そしてマネジメントや社内マーケティングなどの経営学などの要素が必須となります。

多くのメンタルヘルス関連会社はそれらを部分的に切り取ってサービスの提供をしますが、エリクシアでは従業員の『ココロ』に関する課題を、一貫性を持ち、無駄なく確実に解決を行っていきます。


1.メンタル不調者対応強化
メンタル不調者への対応力を劇的に向上させます。主に産業医サービスでカバーします。

<整備>
不調者発生時の対応や復職判定の流れを速やかに作成。
必要な書類の作成も完全にカバーされます。

<面談>
面談能力が結果に大きく影響する。
リスクマネジメントと『ココロ』への心理的アプローチを組み合わせて対応する。
ストレスチェックなどで見つかった不調者の情報もスムーズに面談に生かされる。
面談後のフィードバックにて具体的な対応方法のアドバイスを行う。

<どんな状態になるか>
不調者が発生しても問題なく対応ができる様になる。
取扱いの難しいケースへの対応について、具体的なアドバイスを得られる。
休職者へのフォローや復職判定が明確になり、人事担当者の悩みが大幅に減る。
面談だけで心身の状態が劇的に改善する従業員も出てくる。
悩み相談をしたい、という従業員が増える。


2.不調者早期発見
複数のルートからメンタル不調者を早期発見するための仕掛けを作る。

<主な3ルート>
・産業医面談
・管理職を巻き込んだラインケアの促進
・ストレスチェックなどのセルフチェック

<産業医サービス、ココロモニター、研修などをリンクづけ>
個別に行うと効果が大きく下がるため、一貫性を持ったアプローチを行う。
状況を把握した上で、必要なツールの導入やそれに連動した研修を実施する。

<どんな状態になるか>
不調者の早期発見を人事だけでなく現場や産業医を巻き込んで確実に実施できる。
休職に到る前に現場や人事が不調者を見つけて手当ができるため、休職による大幅な戦力ダウンを予防できる。
管理職を中心にメンタルヘルスへの理解が深まり、社内で共通の意識を持って現場対応ができる様になる。


3.不調者発生予防
課題発見及び解決のサイクルを回していく。

<経営コンサルティングのスキルを導入し課題発見>
産業医サービスやココロモニターで状況を把握。
産業医面談や過去の早期発見の際の状況、ストレスチェックから不調者発生の傾向を分析するため、現状に即した分析を行う事が可能となる。
 
<具体的なアプローチをピンポイントで行う>
管理職のコミュニケーション、従業員のマインドセット、ハラスメントなど、企業が抱える問題は様々なため、不調を引き起こしている原因を特定し、それを除去するための方法を、ピンポイントの研修やカウンセリングなどのツール導入を含めて検討する。

<どんな状態になるか>
ストレスチェックだけでなく産業医面談などで得られた生データを反映させることで、より現実に即した状況把握が可能となる。
貴社の抱える課題に対してピンポイントで対策を企画、実施できる。
対策の効果をストレスチェック等で定期的に確認することができる。


研修の無駄打ちや、リスクだけがあぶりだされる意味のないストレスチェック、すぐに病院に行けという産業医…

それらの悩み、エリクシアのサービスをご利用の会社では全くありません。
メンタルヘルス関連の問題はすべてエリクシアに相談する、そんなワンストップ対応が可能なので、人事担当の方は楽に、更に確実にメンタルヘルス対策ができます。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
  3. メンタルヘルスを完全網羅