1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い
メンタルヘルスといっても様々ですが、従業員の『ココロ』に関連したすべての問題への解決支援ができるため、一貫性を持って、無駄なく確実なメンタルヘルス対策の構築が可能となっています。

医療だけでなく、経営学や心理学などの要素を含め、従業員の『ココロ』の問題に対して具体的な解決方法を模索し続けてきたエリクシアにしか実現ができない価値となります。

不調者発生時や復職判定などの対応強化、不調者の早期発見、不調者の発生予防、そして組織の活性化。

メンタルヘルスにとどまらず、従業員の『ココロ』に関する問題はすべてエリクシアに相談する、そんなワンストップ対応が可能なので、人事担当の方は楽に、更に確実にメンタルヘルス対策ができます。
ストレスチェックは、従業員の精神的な落ち込みへの気付きの機会と、会社の職場環境改善を目的にして行われますが、単に実施という事ではなく、面談や研修など、付随してくる様々なアクションが必要となります。
それらを人事総務サイドですべてコントロールすることはかなり難しく、かつ企業として得られる情報は、個人情報管理への配慮という観点でかなり限られてきますので、ストレスチェックの機会をしっかりと生かすことは、至難の業となります。

エリクシアでは、ストレスチェックを単発の施策に終わらせないために、産業医業務とストレスチェックを密接に連動させます。

具体的な面談対応だけでなく、心身の健康状態に不安を抱えていそうな方への面談促し、そしてストレスチェックだけでなく、業務上で蓄積された情報も併せて、会社としてのアクションを具体的にご提案することが可能となっています。

楽に、かつ、確実に効果のあるストレスチェックおよびその後の対応の実現が可能です。
エリクシアでは産業医としてのスキルが低い産業医に業務を任せることはありません。
エリクシアに参加するために、産業医としての適性や熱意といった基準を設定し、それを満たす産業医のみがエリクシアの産業医として活動しています。そして心理学や経営学、そして医学を継続的に学び、従業員にも会社にも「いて良かった」と感じてもらえるような特別な教育を受けている、エリクシアに所属する産業医のみが業務を担当します。

顧客からのフィードバックに基づいた指導や社内の産業医が集まった勉強会などを定期的に行い、継続的に教育を行っています。小さなプロフェッショナルの集まりであり産業医が直接経営に取り組んでいるからこそできる価値です。
従業員ケアの3本柱である「健康管理」「過重労働管理」「メンタルヘルス」についての企業体制作りやその対応は会社にとって必須となっています。
エリクシアでは3本柱全てを担当し、体制整備から実際の対応までしっかりと対応することで、会社としての方針や制度に即した対応が確実に行われます。3本柱のどこかが欠如することでリスクを抱えている企業のサポートを担当させていただいています。
会社として健康管理・過重労働管理・メンタルヘルスへの取り組みをゼロから整備することはとても難しい事です。
エリクシアでは他の産業医では実現不可能だと考えられた「従業員ケアについての企業体制を整備するために必要なコンサルタント」としての機能が標準装備されているので、人事総務担当者が1から全て構築する場合に比べて格段に業務が少ない上に整備上の漏れも少なくなります。
「楽してかつ万全な会社体制の整備」が可能となっています。
また顧客企業の事情やエリクシアとしての考えをしっかりと理解できているエリクシアの産業医が業務を担当するため、スムーズな運用が可能となります。
急なトラブルなど早期に対応しなければならない時に産業医との連絡が取れない…

そのような状態はリスクマネジメント上も人事総務担当の方の精神衛生上も健全ではありません。
エリクシアではメール等の連絡に対して可能な限り速やかに対応をするような体制を整えているので、いざという時でも安心です。
数々のトラブルケースを解決してきた経験や知識が豊富です。
従業員の意向と会社意向の双方のバランスを取りながら状況に合わせた解決をいくつか具体的に提案していきます。そしてそれらの提案は現実的であり双方の満足度も高いです。

人事担当者にとっては「この産業医がいてよかった」と最も感じていただける瞬間となるでしょう。
「他の会社は同様の問題についてどのように対応してるんだろう?」
人事・総務関連の対応は企業秘密となるため、他社の状況はなかなか知ることができないのが実情です。エリクシアでは他社事例を通じて得られた学びをコンサルティングに活かすことで、トラブルを先回りして予防したりや貴社内だけでしか通用しない論理を改めるきっかけをご提供できます。
現在会社が課せられている安全配慮義務の範囲が拡大解釈されつつあり、それに伴うリスクも急速に大きくなっています。
エリクシアでは労基署対策はもちろんのこと、他社の事例や経験から予想されるトラブルを予測し、先回りして具体的な対策を練るというリスクマネジメント機能で、企業リスクとともに人事総務部担当者の心の負担も軽くします。
「安全衛生委員会をどのように運営しよう?」「何を議題にしよう?」
そんな悩みを持つ担当者はとても多いです。結果として回数を重ねていくにつれてだんだんと内容が薄くなり単なる報告会議と化してしまう企業も多いのが現状です。
エリクシアでは安全衛生委員会の議題を考える負担を軽減するだけでなく、委員会自体をより有益なものへと変化させるお手伝いをします。
「メンタルヘルス研修をどこでやろう?」
「管理職研修に何を入れるべきなんだろう?」
「カウンセリングって会社で行うのは無理があるかな?」
エリクシアでは貴社の状況を把握しているからこそ、本当に必要なものをピンポイントで提案いたします。場当たり的な対応で多額のコストをかけることを避け、一貫性のある従業員ケアをエリクシアのサービスを通じて手に入れてください。
  1. エリクシアの産業医・メンタルヘルスサービス
  2. 他の産業医との違い